登園届(臨時)

2022年8月10日より 
「登所・登園許可証明書」取扱いの一部変更
が行われます。

(1) 取扱いの変更となる感染症は「A群溶連菌感染症、RS ウイルス感染症、突発性
発疹、伝染性紅斑、ヘルパンギーナ、手足口病、伝染性膿痂疹」の7つです。

(2) 上記の感染症は、医師から診断を受け、症状が回復した後は、保護者が記入する
「臨時登所・登園届」の提出により復帰できるものとしますので、登所・登園前
の受診は不要となります。

(3) 復帰の基準は、別紙「臨時登所・登園届」に記載されている通りです。低年齢児
の重症化リスクが高い「RS ウイルス感染症」に関しては基準を明確化しており
ます。登所・登園基準に基づき、園と保護者で復帰の判断をお願いします。

(4) 「臨時登所・登園届」は、医療機関・保育所等の双方に用意しますが、お盆休み
を取られる医療機関も多いため、周知および準備の遅れが予想されます。

(5) 今回の取扱いは、新型コロナウイルスの感染状況が落ち着くまでの、当面の間の
みの適用とします。終了時期につきましては、再度お知らせ致します。